カテゴリ:新製品( 140 )

今秋のラグジュアリーモデル。

b0170134_11294854.jpg


この表現に懐かしさを覚える方がいるかもしれない・・・
by kamurocorp | 2014-10-15 11:35 | 新製品 | Comments(0)

"dress" for ladys, "skirt" for girls!!!

b0170134_14573071.jpg

by kamurocorp | 2014-10-14 11:55 | 新製品 | Comments(0)

"eye-makeup with eye-glasses"...

b0170134_18501503.jpg



by kamurocorp | 2014-10-13 13:44 | 新製品 | Comments(0)

つづき・・・

そのマコト眼鏡様が10年以上作り続けるファクトリーブランドが、

b0170134_17551475.jpg


”歩(AYUMI)”というブランド。

以下はブランドコンセプトです。

至上の美学

音楽に「Hi-Fi(High-Fidelity=高忠実度、高再現性)」がある
ように、眼鏡にも徹底して基本に忠実な「Hi-Fi」があってもいいじゃないか。
そんな想いから、「歩」(AYUMI)は生まれました。
自然素材で形状変化に強いセルロイドを採用。また、芯金などの金属部には、ハイテク素材のチタンを使用。更に、合い口部にも注目。シュ―テイング後に、合い口を同色の生地でカバ-。汗や整髪料等の浸入をブロックする事で、永遠の輝きをキ-プするためのきめ細かい配慮がなされています。
「歩」を語る上で何よりも欠かせられないのは、そのカッテイングと磨きです。
職人の手で一枚一枚丁寧に削られ、細部にまで及ぶ熟練技のヤスリ掛け。そして、セルロイド独特の内部からの輝きを染み出させるため、心を込めて磨き上げられています。
掛け心地にこだわりを持たせるのは、正に「CRAFT・ISM」に裏打ちされた証しです。 
「創る喜び 掛けるプライド」がテ-マの「歩」(AYUMI)。
これからも、時を越えて多くの人に愛され、限りない可能性を秘めたセル枠として、
夢を追い求め前進し続けて行きます。


ここにも書かれている通り、このブランドのモデルはすべてセルロイドという素材で作られています。

セルロイド (celluloid) は、ニトロセルロースと樟脳などから合成される合成樹脂(硝酸セルロース)の名称である。歴史上最初の人工の熱可塑性樹脂である。象牙の代用品として開発され、加熱(大体90℃)で軟化し、成形が簡単であることからかつて大量に使われた。(Wikipediaより)

実は現在ではあまり眼鏡ではつかわれなくなった素材です。
現在では卓球のピンポン玉やギターのピックといったところが代表されるところでしょうか。

それはこの素材である硝酸セルロースという素材が自己発火性があり日本では消防法の規制対象物になる
素材で、その保管や取扱いには厳重な管理を必要とし、免許が必要な程なのです。
眼鏡では、昔こそ主流の素材でしたが、そのような理由によって現在はアセテート(酢酸セルロース)が主流であり、またKAMUROのコレクションはすべてがアセテートを使っています。

しかし、10数年ほど前からレトロな素材としてまたこの素材が復活し、現在でも一部のブランドさまではこの素材で眼鏡を生産しています。

なぜにこの危険性を伴う素材の眼鏡が復活したのか?
それは先に書いた”象牙の代表品として”と評されるほどの深く美しい艶にあります。
それはアセテートとはひと味違うのです。
眼鏡を知る人にとってそれは一つのコレクターズアイテムにもなり得ます。

また、その深く美しい艶を出すためには熟練された磨きの腕が必要です。
アセテートに比べ表面が硬いが故に、完全に傷を消しそしてその狙い通りの艶を生むためには、
容易な仕事ではありません。

海外にも輸出するKAMUROのコレクションでは一度も使ってきませんでした。(輸出が規制されている)
しかし、今回、日本国内のみで販売するモデルとしてこのセルロイドを使いリリースしたのです。

また、この”歩”というブランドは厚さ3㎜のセルロイドモデルを生産する唯一のブランドであり、
レディースモデルが多いKAMUROのコレクションの中でこの薄く、軽く、そして深い濡れたような艶を持つモデルをぜひ作ってみたいとお願いしていたのでした。

それが、今回リリースする”stella-c”というモデルです。

昨年秋にリリースしたstella、

b0170134_18272184.jpg


チタンに埋め込まれたスワロフスキーのラインストーン煌めきとセルロイドの深い艶を組み合わせたのです。
末尾の”-c”は素材そのままセルロイド (celluloid)の”c”です。

b0170134_18305060.jpg


b0170134_18344599.jpg

b0170134_18344227.jpg


カラーもクリアパープルとブラックとシルバーのコンビネーションの2色のみに絞り込みました。

b0170134_18375633.jpg


エンドには両ブランドのロゴマークが付いています。

折しも、今年そのマコト眼鏡様は産地・福井県の”ふくいの手しごと・産業遺産”の一つ”セルロイド眼鏡”に認定されました。

その”手しごと”をぜひ実感していただきたいと思います。
by kamurocorp | 2014-09-23 11:53 | 新製品 | Comments(0)

KAMUROブランド誕生10周年を記念して春からリリースしてます、

”日本のメガネファクトリーをアピールしたい!”

と銘打つモデルの第2弾が完成しました!
但し、先行販売分のみです。

この企画の趣旨は、もともとボクらのような小さいブランドは工場を持たず、
OEM生産と言ってデザインを工場に持ち込み、委託生産されたモノを
自社ブランドのタグを付けて各取扱店サマへと流通させています。

つまりブランドはクローズアップされてもその生産現場がクローズアップされることは、
なかなかないのです。

KAMUROはこの10年さまざまな、時には無理じゃないか?と思われるデザインにチャレンジしてきました。

それもカタチにしてくれる工場や作る職人サンがいてくれてこそなんです。

今、KAMUROが存在しているのは、もちろん全国のお取扱店サマが取り扱って広めていただいた事、
そのおすすめに共感いただき使って下さるユーザーさま、そして生産して下さる工場サマがあってのことなんです。

OEM生産が主であった日本の眼鏡作りにおいてここ近年、ファクトリーブランドとして工場が工場独自の
技術を生かして眼鏡を生産するようになりました。

”それを一緒にクローズアップさせたい”

それがこの企画の趣旨なんです。

第1弾のfino/fino-shadesはメタルフレームメーカーが考えたアイデアにスポットを当てました。

今回の第2弾は日本の眼鏡作りの基本に忠実な工場サマとのコラボレーションです。

鯖江に(株)マコト眼鏡様というプラスチックフレームの専門メーカー様があります。

KAMUROにとっては、

b0170134_12232381.jpg


vaccinium

b0170134_12232865.jpg


pirikaetor

b0170134_12233989.jpg


corsage

KAMUROの代名詞となったコンビネーションシリーズののフロント部分のサプライヤーとして、
そして最近記憶に新しい、

b0170134_12333227.jpg


toshiki

b0170134_12235856.jpg


Yuki

b0170134_12362111.jpg


nyima

b0170134_12362860.jpg


fan

b0170134_12362542.jpg


torsion

これらのフレームのメーカーとしてKAMUROをサポートして下さいました。

これらのフレームを手にした方ならきっと理解して下さると思います。
これらのプラスチック部分の美しさに。

美しさを表現する為には”磨き”がとても重要です。それがすべてと言っても過言ではありません。
そして、この”磨き”はすべて手作業で行われます。

繊細で丁寧な仕事・・・そこに美しさは生まれます。

本当の日本の眼鏡作りの良さは、その”繊細で丁寧な”ところにあると思うんです。

最新の機械をもってどんどん大量に作られる他のアイテムとはちょっと違います。
日本の眼鏡作りはそういう意味では遅れていることは否めません。

でも、ボクはそこがいいところなんだと思っています。
そこに気持ちが伝わると信じています。

そのサプライヤーであるマコト眼鏡様にはKAMUROの10年よりもキャリアがあるオリジナルのブランドがあるんです。

その2につづく
by kamurocorp | 2014-09-22 12:56 | 新製品 | Comments(0)

2014 S/S 新作紹介 ~Miu~

オフィシャルブログをご覧の皆様、初めまして草野と申します。
b0170134_17273238.jpg

この度、デザイナーデビューさせていただきました。雨の中必死に限界まで格好つけて写真を撮ってもらいました

私の生い立ちなんかをこと細かくベラベラ話したいところですが長くなってしまうので(笑)
早速ですが私のデビュー作をご紹介したいと思います。
b0170134_17283222.jpg

Miu

今回のTOYシリーズは私がデザインさせていただきました。
ちなみにMiuの由来なんですが
丁度、モデル名を考えているときに姪っ子の美結が生まれまして、そこから名前をもらいました。
これからの時代を作っていく姪っ子、
それと同じようにブランド10周年を迎えたKAMUROのこれからを担うモデルになってくれたら良いなという思いを込めて、Miuと名付けた次第でございます。

今回はクラシックの定番、サーモントタイプのメガネをTOYにしてみました。
b0170134_17294256.jpg

街でもクラシックな雰囲気のサーモントを掛けている人をよく見かけますが、男性が掛けてる場合は風格が出て良い味を出してるなぁと思うこともあるのですが、女性が掛けているのを見たときに
「POPで明るいサーモントがあったら、もっと可愛くなるのに!」と思い、「よし!カワイイサーモントをデザインしよう!」と考えたわけでございます。

b0170134_17442596.jpg

レンズのシェイプはラウンドタイプのころんとした優しい形。
誰が見ても楽しく優しい気持ちになれる、そんな雰囲気にしてくれます。

色のタイプがマットが4色
b0170134_17451226.jpg

このマット加工も特殊なマットで、通常のマットに比べツヤが出にく、さらに全体のマット感も整った仕上がりになっており高級感のある出来映えになっております。

そして、こちらの3色はツヤあり
b0170134_17474336.jpg

ただ、色のインパクトはマットタイプよりも際立ったカラーリングになっております。

とくにこの694/000は左右比対称
どの角度から見ても、赤・黄・黒が見えるというのがポイント!
b0170134_17504055.jpg

どことなく、某キャラクターっぽい色合いになっております(笑)
ちなみに、このカラーは草野イチオシでございます!!

このモデル女性が可愛くと言いましたが、もちろん男女問わず掛けていただけるデザインですよ!
こんな感じとか

こんな感じに
b0170134_1821449.jpg


老若男女問わず、TOYシリーズのコンセプトにあった楽しく掛けて頂ける一本となっています。
by kamurocorp | 2014-06-13 18:38 | 新製品 | Comments(0)

2014 S/S 新作紹介 ~tiny~

こんにちはヒライシです。いよいよデリバリーが始まりました新作tiny(タイニー)のご紹介です。


b0170134_1562923.jpg

tiny (英語:小さい、可愛い)
b0170134_157039.jpg

KAMUROコレクションの中では比較的おとなしめなデザインのtinyはその名の通り、サイズの小さなメガネ。


b0170134_1510441.jpg

鼻幅16mm、レンズ幅48mm、フロント幅128mm。大人用のメガネとしては結構小さい方です。


顔の小さい方や目幅(PD)の狭い方、また度の強い方にオススメできるものがKAMUROの
コレンクションの中にも欲しかったので作ってみました。
これは毎日お店に立つイチ販売員として日頃思う事でもあるのです。
きっと全国の取り扱い店のスタッフさま達にも共感して頂けるはず。


b0170134_1614792.jpg

PD55のスタッフ橋本が掛けるとこう。

b0170134_1615386.jpg

PD61のスタッフ勝又が掛けるとこう。



サイジングも勿論ですが、おとなしめなデザインゆえにより幅広い層にご提案できるようにも考えています。



b0170134_16203216.jpg

正面にもサイドにも装飾は施さず、お仕事でも掛けられるようなシンプルさでありながら


b0170134_1622292.jpg

ふとした時にさりげなく見えるデザインというのは、周りの方を「あっ!」と思わせます。



このテンプルデザインを見て前作のgalassiaを思い出せた方はKAMURO通。
tiny
b0170134_1624959.jpg

galassia
b0170134_16254095.jpg

顔を伏せた時に見せるデザインにする為と、もう二つの重要な役割がこのテンプルにはあります。



b0170134_16332669.jpg

ひとつは、バネが効くという事。これによって装用感の向上と人それぞれの顔幅によっての
フレキシブルな調整が可能になるという点。


b0170134_16352993.jpg

ふたつめは、万が一丁番部分が破損してしまってもこのパーツを交換するだけで対応が出来る為
修理に時間がかからず、お客様にご迷惑をお掛けする事が無いようにという利点です。



そして肝心のテンプル部分の七宝にもこだわりがあります。
b0170134_16395763.jpg



今回の七宝は「高く盛る」のではなく、フラット。
b0170134_16425140.jpg

七宝は量や堅さによっては凹んでしまいます。これをうまいことテンプル表面とツライチになるように
職人さんにお願いして実現して頂きました。これはチーフの小野寺の発案によるものです。

一見おとなしいデザインですが、色々考えて作ってるんですよ。

b0170134_16461370.jpg

b0170134_16462564.jpg


気になるカラーバリエーションはKAMUROコレクションページにてご確認下さい!
by kamurocorp | 2014-06-12 19:19 | 新製品 | Comments(0)

serta・new color 2014SS

春の展示会・COMEで発表しました・・・

b0170134_17423586.jpg


sertaのnew color。

2010年の春に発表ですからもうリリースから4年目が経ちましたこのモデル。
今回のリニューアルで12色目の新色が投入されました。

もともとは使用しているアセテート生地が廃盤となってしまう関係で、
リニューアルせざるを得なかったのですが
(注:アセテート生地、特にイタリア・マツケリ社製のは入れ替わりが激しいのです)
それが、結果つねに新鮮さを保ってきたのも長寿の理由かもしれません。

今春発表の新色3色は昨秋投入の2色同様、透けるクリア系の色にササ柄という
シンプルな柄生地を使って、透明感と軽さを表現したのが特徴です。

b0170134_17425483.jpg

b0170134_1805871.jpg

                4950 グリーンササ
                



b0170134_17424885.jpg

b0170134_181127.jpg

                4962 レッドササ
             



b0170134_17424427.jpg
b0170134_181483.jpg

                4965 ブルーササ



清涼感のあるアセテート生地とステンドグラス調の七宝細工と煌めくラインストーンのコンビネーション。
そして、ベースとなる金属は軽くしなやかなβチタンを使用しているため、見た目通りの軽い着心地を
得ることができます。
もちろん、ラテン語で花輪を意味するモデル名通り、着けたお顔に”華”をもたらせます。

このserta、展示会での受注をもちまして完売してしまいまして、
お取扱店サマへデリバリーされたばかりの今が、見ごろです!

ぜひ、”華”をお試しにお出かけください!!

ちなみに現在officeでは昨秋発表の2色のうち、

b0170134_174325.jpg

                703 ブラックマーブル 完売

b0170134_1743579.jpg

                4963 パープルササ 若干数のみ
                (お問い合わせはお早めに!)

の在庫状況になっております。
次の生産は現在未定になっております。






               
by kamurocorp | 2014-06-02 18:14 | 新製品 | Comments(0)

KAMUROオフィシャルブログをご覧の皆様、こんにちは。

今回、新作サングラスの企画とデザインを担当させて頂いたヒライシです。



fino-shades(フィーノ・シェイズ)
b0170134_1638824.jpg

シンプルなデザインの中に、最新技術と装用感を重視したこだわりが詰まってます。


今回のモデルは福井のあるメーカーさんとのコラボレーションです。

そのメーカーが持つ特殊な技術、世界最薄のプラスチックフレーム
で作った超軽量サングラス。


プラスチックの中に薄さ0.5mmのメタルプレートを挟み込んで作られる特殊技術は

通常のプラスチックフレームの約半分の厚みにする事が出来、軽く、なおかつ

メタルプレートの芯が入る事でしなやかさと強度を併せ持つフレームが出来上がるのです。


通常のプラスチックフレームと厚みを比較するとこう。
b0170134_16595713.jpg




b0170134_16562197.jpg

そして、芯となるメタルプレートにもデザインを施し、あえて透けてみせる。


ヨロイ部分のプラスチックの厚みをさらに薄くする事で、幅の調整もしやすく。
b0170134_17342140.jpg

b0170134_17343560.jpg

フレームの裏から見るとヨロイ裏が若干えぐれているのが分かると思います。

こうする事で、レンズカーブに合わせたフレーム幅の調整が可能なので、

非球面からハイカーブまでお客様の好みや顔幅に合わせてレンズのチョイスが

出来るようにという、眼鏡屋ならではな設計にもなっています。



b0170134_17394172.jpg
そんな今回のモデルには

コラボレーションを示す

ダブルネームの刻印。

HAMAMOTOというのが

今回製作協力して頂いた

メーカーのブランドです。






b0170134_17422086.jpg

取扱店様へは発送の際に

こちらの商品説明カードを

同封いたしますので

是非、ご販売の際の参考に

なさって下さい<(_ _)>









カラーは全5色展開
b0170134_16423436.jpg

↑手前の1655Sのみ初回生産分は完売となりました。
(一部の取扱店様へcol.6051及びcol.1655Sは完成次第納品させていただきます。)

b0170134_1648665.jpg

男女どちらにもオススメ出来るように、また高級感を出す為にカラーは控えめに。

レンズには偏光レンズを採用してありますので、そのままの使用にも◎です。





b0170134_175834100.jpg

b0170134_17585555.jpg

b0170134_17593662.jpg


当初予定よりも完成時期が遅れてしまいましたが、夏本番に向けて軽いサングラスをどうぞ!




b0170134_1831575.jpg

by kamurocorp | 2014-05-27 10:00 | 新製品 | Comments(0)

2014 S/S 新作紹介 ~soeur~

KAMUROオフィシャルブログをご覧の皆様、こんにちは!


b0170134_14215246.jpg

アカシです。


春の展示会でお披露目させていただいた 2014 S/S  New Collection 

いよいよ、その第一陣のデリバリーが始まります。

本日は僕がデザインを担当させていただいたsoeur(ソール)からご紹介します。

b0170134_1443168.jpg



モデル名のsoeur(ソール)とはフランス語で"姉妹"

このモデル名だけでピン!ときたバイヤーの皆様も多かったのですが、、

b0170134_14354516.jpg



KAMUROラグジュアリーラインの大ヒット作spuma(スプーマ)の妹分を作りたい!

と言うコンセプトから今回のデザインが生まれました。



b0170134_14501660.jpg



お姉さんspumaのスクエアでかっこいいレンズシェイプから、丸みがある柔らかいシェイプにし

七宝の飾りを控えめにアレンジしておしとやかにする事で"大人カワイイ"を演出しました。

そして、KAMURO初採用の長モダン(ツルのプラスチックが長いもの)でメタルの中に柔らかい質感とアクセントを加えました。


こうしたエレガントなジャンルは、かっこいい女性にイメージが限定されがちですが

クールな女性でもかわいい物が好きだったり、かわいい女性でも大人っぽくなりたかったりします。

そんなわがままなツボにはいるように考えたフォルムと、愛らしい妹を意識した配色です!


b0170134_16201531.jpg



全5色展開です。




b0170134_17463637.jpg



col.132


b0170134_17473454.jpg



col.497P


b0170134_1748992.jpg



col.4635P 


b0170134_17503518.jpg



col.14025B


b0170134_1751466.jpg



col.929J



b0170134_1344955.jpg


Style Sample col.4635P





さあ!明日のブログは皆様お待ちかねのヒライシ先生の登場で〜す!!



  アカシ
by kamurocorp | 2014-05-26 10:00 | 新製品 | Comments(0)