取扱店様へ Daizzyレンズ脱着について

お世話になっております。
オフィスへお問い合わせの多いDaizzyのレンズ脱着についてご案内します。
「ナイロール糸がきつくて外しにくい」
「レンズを装着する際、飾り止めのナットに干渉しそうで心配」
などお話を承っております。

我流ですが写真付で一例をご紹介します。
b0170134_18240294.jpg
まずご用意いただくものは
15cm程度のテグス(釣糸/写真では黄色)、30cm程度のテグス(写真では無色)、平ヤットコ、
ホチキス、腕袋2つ(テンプルに被せるビニール)、そして取り外しは二人で行う方がよいです。
まず下の写真のようにレンズを手前に引き寄せながら上方向へ引き上げます。
この時、上の飾り止めナットに干渉するので手前へしっかりと引き寄せてください。

b0170134_18424002.jpg
下側に隙間ができますのでそこへもう一人がテグスを入れてください。
テグスは先を斜めにカットしたり平ヤットコで先をつぶすと小さな隙間でも入れやすいです。
b0170134_18452156.jpg
ゆっくりと上へテグスをずらしながらナイロール糸をレンズから外します。
外れない状態で何度かテグスを横へ引っ張り、ナイロール糸の伸縮具合を確認することで
レンズにバリを入れることのない力加減が指に伝わります。

b0170134_18470496.jpg
レンズを外しましたら飾りナットの保護をします。(飾りナットを外してもネジがあるのでむしろ外さない方がよいです)
腕袋をそれぞれ2か所に巻きつけます。一応軽く固定する意味でホチキス止めをしました。
b0170134_18490156.jpg
b0170134_18543841.jpg
次に2つの腕袋を1つに縛ります。写真では上側のナットがはみ出してますね。
はみ出さないようにお願いします。
腕袋は2重になっているのでテープ類より摩擦による傷がつきにくくなってます。
厚みには種類がありますのでしっかりしたものを選びナットに擦ってみて確認をお願いします。
b0170134_18545854.jpg
レンズの装着には必殺仕事人のように長めの方が握りやすくてよいです。

b0170134_18555985.jpg
カミカミしながら指の固定位置を確認します。
b0170134_18573388.jpg
下の写真のような握りでテグスをずらしながらナイロール糸をレンズ溝へ装着します。
この際、上のナットに干渉しやすいので手前に引き寄せたり
レンズの装着角度を180度から190度へずらして装着後に戻す感覚が適切だと思います。
b0170134_18591071.jpg
装着できたらテグスを抜いて腕袋を外します。
b0170134_19022319.jpg
b0170134_19030987.jpg
以上になります。
加工におきましてはナイロール用の溝が浅かったりするとタイトになりますし、凹レンズ強度数の場合はナイロール糸をルーズにする必要があります。
また、新品でございましてもフレームのエッジ部分との摩擦によってナイロール糸の強度に影響があることがありますので
必ず新しいナイロール糸に付け替えて納品をお願いします。
納品の際は、エンドユーザー様へご使用中のフレームの変形や圧力のかかったダメージがあった場合や1年ごとなど定期的にナイロール糸の張り替えに来ていただくようにお伝えください。
その際、適切な余裕のあるお時間を頂くことをあらかじめお伝え頂ければユーザー様もご安心いただけるかと存じます。

こちらの様に私たちのコレクションには個々に調整、加工においてご留意いただく場合がございます。
取扱店様には商品の納品時やお時間のある際、調整や丁番素材などお気付きの点がございます折には
お手数ですがオフィスまでお気軽にお問合せ下さいますようにお願い申し上げます。


by kamurocorp | 2014-05-23 19:54 | お知らせ | Comments(0)