今日も新作の・・・(フレームのほう)

今日は違うモデル。

b0170134_16532292.jpg


細かなディテールを職人サンに指示するための形状サンプル作り。

製作チーム全員が持つ“製造図面”ついてこの間書いたけれど、
図面は平面でしょ? つまり二次元だから三次元的な仕様についてはこのように実物の
サンプルを作ってコレを基に製造してもらうんだ。

現場ではコレを見ながら、すべて“手作業”で量産します。
しかもモノのバラつきが出ないように1人がやるんですよ。

平面的なカット(大まかな形状に抜くとかね)は機械でやるけれど、
こうゆう“角の丸み加減”とかは職人サンの“手”にゆだねられる。
まだまだアナログな世界なんだ。メガネの生産現場って。

またね、角の丸みの付け方とかでね、出来上がりが全然違っちゃうんですよ。

光の反射の仕方でヒトは“硬さ”や“柔らかさ”をイメージしたり、
錯覚で太く見えたり、細く見えたりを判別する。

だから、こうゆうところもこだわらないとアタマで描いたイメージと、
出来上がりのイメージが変わってしまうんだ。

ある意味“オタク”的要素が求められるし、すでにジブンがそうなってるトコかなりあるね。
by kamurocorp | 2013-02-07 17:16 | 日記 | Comments(0)