新シリーズ“クロスオーバー・シリーズ”イントロダクション

カーリーです。

先日からちょいちょいチラ見せで紹介している新シリーズ。
その名は“クロスオーバーシリーズ”。

再度説明しましょう。


昨秋発表の“TOYシリーズ”は年齢性別を超えて“POPで楽しい”を前面にアピールする
シリーズ。

b0170134_15451338.jpg




今回発表の“クロスオーバーシリーズ”は年齢性別を超えて、

“POPなのはいいんですけど、前面からじゃなく・・・でもフツウのもちょっとしたくないし・・・”

とか、

“POPはいいけど、いつもスーツ着るんだけれど・・・”

とか、

“デコラティブじゃない、けどちょっとカワイイ”

など、ありますよね!? “どっちつかずな”ってヤツ。

その“どっちつかずなPOPさ”にチャレンジ、提案するのがこのシリーズのテーマなんだ。


このシリーズをリリースするにあたって、ファーストモデルは“TOY”のように素材から新しく
ではなく、既存のモノをブラッシュアップさせる方法を取ることにした。


既存のモノのブラッシュアップ・・・それは以前からボクらがその柔らかい質感にPOPさを感じ、
メガネに使うパーツとしての機能性にも優れている・・・そう!

b0170134_1602731.jpg


ラバー。 正式にはラバロンという樹脂素材。
これをファーストコレクションに使う事にしました。

以前からのKAMUROファンの方ならもうご存知だと思います。
そのデビューは5年前・・・

b0170134_162346.jpg

b0170134_1623150.jpg


2007年春発表のRUBBER01・02。


b0170134_1635571.jpg

b0170134_1633062.jpg

b0170134_1632816.jpg


2008年春発表のRUBBER03・04そしてツーポイントタイプのMINI01・02。



b0170134_1612957.jpg


2010年秋発表のRUBBER05。



元々はKAMUROコレクションの中ではメンズ色を強調していたので、
レディースをメインとするお取扱店さまの店頭ではあまり見る事はなかったと思います。

ですが、そうゆう“ボクらの強調”とは裏腹に実際の売れ行きは女性が多かった事が
直営店のデータでわかりました。

RUBBER05については2色のラバーを成形したこともあって、
さらにその傾向に拍車をかけました。

ただ、デコレーションがないだけに全体的なアピールに乏しい・・・

という反省点も踏まえて、ラバーの形状、カラーリング、
組み合わせるフロントシェイプとサイジングをすべて見直し、
新しいシリーズのファーストモデルとしてリスタートさせよう。

以前も書いたけれど、みんなが感じる“POPさ”や“カワイラシさ”のツボは幅広い。

だからその“幅広さ”を探っていきたい。
そして幅広くKAMUROのモデルたちを着けてもらいたい。

それがこのシリーズのテーマです。

明日につづく。

b0170134_16315115.jpg

by kamurocorp | 2012-06-23 16:33 | 新製品 | Comments(0)